本格的に困窮した者を救えない生活保護は“最終的”手段ではない/鈴木涼美

そもそも生活保護の利用率が1.6%と、諸外国と比べても極めて低い日本の場合で、不正受給の割合は保護費全体の0.4%。 ... '83年、東京都生まれ。

情報元 - https://nikkan-spa.jp/1732652?cx_clicks_art_mdl=2_title

https://nikkan-spa.jp/1732652?cx_clicks_art_mdl=2_title