一流商社マンから生活保護寮へ。それでも「商社時代よりマシ」と言う深刻理由

東京都三鷹市の灼けた喫茶店に現れたのは、生活保護受給者向けの寮で生活する花島芳彦さん(50代・仮名)。髭面に、破れたジーパンと黄ばんだシャツという ...

情報元 - https://nikkan-spa.jp/1612251

https://nikkan-spa.jp/1612251
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク