「炎天下での見学は虐待」といった声も!? プール授業で水泳帽を忘れたら入れないのはなぜ?

自己責任だから権利剝奪も当然、と無言で教われば、そりゃ失敗を恐れ生活保護にも厳しい大人になります ... 特に集団生活を送る子どもに寄生することが多く、東京都の調査によると相談件数の9割以上が0〜11歳となっており、近年では件数が増加 ...

情報元 - 「炎天下での見学は虐待」といった声も!? プール授業で水泳帽を忘れたら入れないのはなぜ?|BIGLOBEニュース

「炎天下での見学は虐待」といった声も!? プール授業で水泳帽を忘れたら入れないのはなぜ?|BIGLOBEニュース
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク