「親が死んだら生活保護か、死か」高齢化するひきこもりが直面する現実

1998年から不登校やひきこもり状態の人たちの社会参加を支援してきた藤原宏美さんは、現在「NPO法人不登校情報センター」(東京都江戸川区)で訪問支援 ...

情報元 - 「親が死んだら生活保護か、死か」高齢化するひきこもりが直面する現実 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

「親が死んだら生活保護か、死か」高齢化するひきこもりが直面する現実 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク