<年金プア 不安の中で> 「生活保護は恥」根深く

全日本年金者組合東京都本部で年金相談室長を務める芝宮忠美さんは「高齢者の間で、生活保護が恥との意識はまったく薄れておらず、貧困にあえぐ低年金者を救済する際の厚い壁になっている」と指摘。「その背景には、生活保護の予算が増えないよう、行政が生活保護制度の利用を勧めていないことがある」と話す。

情報元 - http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2018051002000002.html

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2018051002000002.html
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク