女性路上生活者、傷害致死事件 当然にあるべき「公助」=梯久美子・ノンフィクション作家

路上生活をしていた女性が、東京都渋谷区のバス停で、近所に住む男に殴られて ... 生活保護は申請せず、死亡時の所持金は8円だったという。

情報元 - 時代の風:女性路上生活者、傷害致死事件 当然にあるべき「公助」=梯久美子・ノンフィクション作家 | 毎日新聞

時代の風:女性路上生活者、傷害致死事件 当然にあるべき「公助」=梯久美子・ノンフィクション作家 | 毎日新聞