被告、異常な主張繰り返す 傍聴席から困惑の声 /神奈川

しかし、被告は事件当時は無職で、事件の数カ月前には生活保護を申請していた。 ... 障害で寝たきり生活を送る親族がいるという東京都台東区の男性会社員(46)は、人の殺害が社会の役に立つという被告の発言に「ゆがみを感じた」と突き放した。

情報元 - https://mainichi.jp/articles/20200125/ddl/k14/040/078000c

https://mainichi.jp/articles/20200125/ddl/k14/040/078000c
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク