強制不妊、道が相談窓口 本庁内、12日から職員常駐

旧優生保護法(1948~96年)で障害者に不妊手術を強制していた問題で、北海道は8日、手術を受けた本人や家族を支援する相談センターを開設すると発表した。12日から札幌市中央区の道庁本庁舎内に保健師を含む女性 ... ない場合でも、生活保護受給や障害判定に関する資料などに手術の記録がないかを調べる方針。

情報元 - 旧優生保護法を問う:強制不妊、道が相談窓口 本庁内、12日から職員常駐 - 毎日新聞

旧優生保護法を問う:強制不妊、道が相談窓口 本庁内、12日から職員常駐 - 毎日新聞
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク