生活保護費減額で福島市に賠償命令

子供の給付型奨学金を収入と認定し、生活保護費を減額したのは不当として、福島市内の母親と長女が市に100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、福島地裁であった。金沢秀樹裁判長は「収入とする判断に当たり、必要な調査や提出資料の検討などを怠った」と指摘、市の処分は違法と判断し、市に10万円の ...

情報元 - https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000052-san-l07

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000052-san-l07
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク